学生証(M.I.C.)は、本学の学生としての身分を証明する大切なものです。入学式当日に交付し、卒業まで使用します。退学、除籍、9月30日付卒業など、本学に籍がなくなった場合、また再交付を受けてから旧学生証が見つかった場合には必ず学生部(建築学科は生活環境学部事務室分室、薬学部は薬学部事務室)へ返還してください。
 「M.l.C.(ミック)」は「Mukogawa ID Card」の頭文字による愛称で、学生(学生証)をはじめ、武庫川学院の教職員(職員証)及び関係者もM.l.C.を携帯しています。

学生証(M.I.C.)を提示、使用するとき

学内、学外問わずさまざまな場合に学生証を提示する必要があります。常に携帯するように心掛けてください。

  1. ピグマ(M.I.C.リーダの愛称)を使って出欠調査をするとき(附属高校のM.I.C.は持参しないこと)
  2. 定期試験等各試験を受験するとき
  3. 通学定期券を購入するとき(「在学確認票」を貼付)
  4. M.I.C. ATM、M.l.C.チャージ機を利用するとき
  5. 証明書発行機を利用するとき(各種証明書、学割証発行、各種申請書手続きなど)
  6. 学内施設(附属図書館、日下記念マルチメディア館、健康科学館、南館、生活環境2号館、クリステリア、西門・南門の小門、栄養科学館、総合心理科学館、看護科学館、学校教育館、研究所棟、上甲子園キャンパス正門、甲子園会館玄関、建築スタジオ玄関、武道館玄関)を利用するとき
  7. 情報教育研究センター(Student Guide 2017-For Academic Studies P.154〈大学〉、P.142〈短大〉参照)・附属図書館(中央図書館・薬学分館)(Student Guide 2017-For Academic Studies P.153〈大学〉、P.141〈短大〉参照)でプリントアウトするとき
  8. アゼリア支払いをするとき(M.l.C.で支払うと、一部を除き5%引きになります。)
  9. その他提示を求められたとき

注 意
 学生証(M.I.C.) を落としたり他人に貸したりして悪用されれば、大きな被害を受けることになります。紛失しないよう取扱いには十分注意してください。

 本学の学生証(M.I.C.)は、「学生証(力一ド)」と学生証の裏面に貼り付ける「在学確認票(シール)」を合わせて有効な学生証となります。通学定期乗車券を購入しない人も貼り付けなければなりません。「在学確認票」は、受理後すぐに必要事項を記入し、空白箇所がないようにしてください。
 「在学確認票」の有効期間は1年間です。毎年度、4月に新しいものを交付しますので、必ず「学生証(力一ド)」の裏面を貼り換えてください。
 「在学確認票」を重ねて貼ると、シールの厚みでM.I.C.チャージ機に学生証(M.I.C.)が詰まり、取り出せないことがあります。必ずシールを剥がしてから新しいシールを貼ってください。
 なお、通学定期券は、単位取得の目的に限定されているため、休学中は発行されません。

   
  1. 学生証は、通学定期乗車券又は学生用割引乗車券によって乗車船する場合には、必ず携帯し、係員の請求があったときには、いつでも呈示しなければならない。
  2. 通学定期乗車券を購入するときは、定期乗車券購入申込書に必要事項を記入して、学生証とともにさし出さなければならない。
  3. 学生証は、他人に貸与し、又は譲渡することはできない。
  4. 学生証を紛失したときは、直ちに、発行者に届け出なければならない。
  5. 学生証は、新たな証明書の交付を受けたとき又は退学等によって学籍を失ったときは、直ちに、発行者に返さなければならない。

 学生証(M.I.C.)と在学確認票に記された氏名、住所、通学区間などを変更する場合は、学生部(建築学科は生活環境学部事務室分室、薬学部は薬学部事務室)へ届け出てください。
 なお、大学に登録している住所、電話番号、メールアドレスの変更は、直接MUSES Personal Fileから行ってください。在学確認票の記載事項は、絶対に自分で書き換えてはいけません。学生部の訂正印がないと使用できません。

 学生証(M.I.C.)を紛失又は汚損・破損した場合、写真を変更したい場合は、直ちに学生部(建築学科は生活環境学部事務室分室、薬学部は薬学部事務室)へ届け出て、再発行の手続きを行ってください。紛失の場合は、拾得物として届けられていることもあります。学内で紛失した可能性があれば、まず学生部(建築学科は生活環境学部事務室分室、薬学部は薬学部事務室)へ問い合わせてください。
 なお、紛失した場合は、悪用されないためにも学生部(建築学科は生活環境学部事務室分室、薬学部は薬学部事務室)と最寄りの警察へすぐに届け出てください。
 また、学生証(M.I.C.)を拾ったときは、直ちに学生部(建築学科は生活環境学部事務室分室、薬学部は薬学部事務室)へ届けてください。

 
  1. 学生部(建築学科は生活環境学部事務室分室、薬学部は薬学部事務室)で「学生証(M.I.C.)発行申請書」を受け取り、必要事項を記入してください。
  2. 再発行料1,500円の証紙を券売機で購入してください(建築学科は生活環境学部事務室分室で窓口対応)。
  3. 「学生証(M.I.C.)発行申請書」を学生部(建築学科は生活環境学部事務室分室、薬学部は薬学部事務室)へ提出し、学生証(M.I.C.)の再交付を受けてください。
  4. 建築学科、薬学部の学生は、学生証の再発行に1~2日間かかるので余裕を持って手続きをしてください。ただし、中央キャンパスの学生部で手続きすれば、即日発行できます。
  5. 写真を変更したい場合は、新しく写真が必要になります。(以下の条件を満したものを1枚)
    大きさ タテ4㎝×ヨコ3㎝
    無背景・正面・脱帽した肩から上の力ラ一証明写真
    手続き日の3ヶ月以内に撮影したもの

Q
1

学生証(M.I.C.)を紛失したのですが、すぐ再発行できますか。また、再発行するのにいくらかかりますか。

A

即日発行できます。(ただし中央キャンパス学生部窓口で申し込んだ場合のみ)前と同じ写真でよければ、「学生証(M.I.C.)発行申請書」のみで手続きできます。写真を変更したい場合は、写真を用意してください。再発行料は1,500円です。 学生証(M.I.C.)再発行

Q
2

学生証(M.I.C.)の写真を変更したいのですが、学生証を作り直せますか?

A

作り直せます。「学生証(M.I.C.)発行申請書」に写真を貼付して、学生部で手続きしてください。
 再発行料は1,500円です。 学生証(M.I.C.)再発行

Q
3

学生証(M.I.C.)を紛失したと思い、再発行したのですが、前の学生証が出てきました。

A

前の学生証(M.l.C.)は使用できません。学生部へ返却してください。
 再発行料は返金できません。

Q
4

学生証再発行料の証紙を購入しようとしましたが、金額を間違えてしまいました。返金してもらえますか?

A

払戻しの手続きをしますので、学生部(薬学部は薬学部事務室)へ申し出てください。

Q
5

パスワードを忘れてしまいました。

A

MUSESで新しいパスワードを登録できます。
 MUSES「M.I.C. (学生証・職員証)」メニューの「M.I.C.パスワード設定・変更」で新しいパスワードを設定してください。変更後、すぐに利用できます。

Q
6

海外旅行の時に、「学生」 であることを証明する場合、本学の学生証(M.I.C.)で通用するでしょうか?

A

通用しません。海外で学生である身分を証明するには、国際学生証(ISICカード)が有効です。主にヨーロッパ地域の美術館などで国際学生証を提示すると、入場料が割引となります。
 手続き等の詳細はインターネットで確認し、個人で申請してください。

Q
7

しばらくの間、親戚の家から通学しますが、住所変更をした方がいいですか?

A

必ず住所変更を行ってください。MUSES〈Personal Fileメニュー〉から住所変更後、学生証(M.I.C.)を持参の上、学生部注に来てください。

Q
8

来月から留学(MFWI・交換留学を含む)をしますが、本人住所を変更しないといけませんか?

A

自宅通学の場合は、変更不要です。
 自宅外でマンション等を引き払った場合は、本人住所を自宅住所に変更してください。

Q
9

教育実習で学校にしばらく行くことができません。住所が変更になったので、代わりに友達に変更してもらってもいいのですか。

A

いかなる手続きも、本人からの申請によるものとします。
 MUSES〈Personal Fileメニュー〉から変更してください。

 建築学科は生活環境学部事務室分室 薬学部は薬学部事務室