芸 術

「合唱への誘い」

■講師:田村 嘉崇(たむらよしたか)
元武庫川女子大学教授
合唱指揮者

開講日 4/26、5/10・17・24・31、6/7・14・21・28、7/5・12(予備日 7/19)
時間 10:00~12:00(木)
受講料 11,000円(11回)
使用教室 西ホール
定員数 60名

講座内容

 自然で心地よい声は、よく溶け合い素晴らしいハーモニーを響かせ、多彩な表情を表現することができます。それによって自然で豊かな音楽(メッセージ)を相手の心に届けることができます。
 声は感情をそのまま表わします。純粋に音楽を表現するためには、音楽以外の不必要な要素を取り除かねばなりません。
 この講座では、これらを目標に徹底した脱力練習及び呼吸筋を鍛え、声帯を柔軟にし横隔膜の支えによって歌えるためのトレーニングを取り入れ、声づくりに励みます。そして合唱の名曲を通して、音楽の素晴らしさと心地よいアンサンブルを楽しみます。(寝ころぶことのできる服装でご参加ください。)
 講座の性質上、このクラスは女性のみといたします。

●テキスト:
女声三部合唱組曲「確かなものを」高田三郎曲
女声合唱「7つのフランスの子供の歌」中田喜直作・編曲(どちらもカレッジで用意)

芸 術

「たのしい合唱」

■講師:大森 地塩(おおもりちしお)
武庫川女子大学 准教授

開講日 4/25、5/2・9・16・23・30、6/6・13・20・27、7/4(予備日 7/11・18)
時間 10:45~12:45(水)
受講料 11,000円(11回)
使用教室 西ホール
定員数 50名

講座内容

合唱が初めての人も経験者も、各自の声が最大限に生かせるように、呼吸と発声のトレーニングをします。
 美しい声は美しい表情から生まれます。人気の邦人作曲家の作品を用いながら、豊かな表現力を身に付け、美しいハーモニーを楽しみます。また、ラテン語の教材も使いたいと思います。
 講座の性質上、このクラスは女性のみといたします。

●テキスト:
プリントを用いる。

芸 術

「名曲を歌いませんか? 基礎コース」

■講師:大森 地塩(おおもりちしお)
武庫川女子大学 准教授

開講日 4/20・27、5/11・18・25、6/1・8・15・22・29(予備日 3/6・13)
時間 10:00~12:00(金)
受講料 20,000円(10回)
使用教室 西ホール
定員数 15名

講座内容

 初めて受講される方を優先受付いたします。本講座受講経験者は、残席分のみ受付いたします。
 歌曲(日本、イタリア、ドイツ)そしてオペラ、オラトリオの中からアリアを原語で歌います。まずは多くの人々に親しまれ、歌われてきた名曲から始めます。自然な発声、歌唱テクニックの習得により、豊かな表現で歌えることを目指します。最初は全員で歌い、その後個人レッスンに移ります。
 今までの音楽歴は問いません。楽譜を読むのに時間がかかる人も、専門教育を受けた人も対象です。是非ご参加ください。
 この講座は1年で完結、後期で解散となり、新規募集は、1年に1回前期に行います。但し、欠員が出れば後期も募集を行います。

●テキスト:
イタリア歌曲集1 中声用 全音楽譜出版社(各自ネットや書店でお求めください)

芸 術

「名曲を歌いませんか? 発展コース Aクラス」

定員に達しましたので
申込み受付は、終了いたしました。

■講師:大森 地塩(おおもりちしお)
武庫川女子大学 准教授

開講日 4/20、5/11・25、6/8・22(予備日 7/6・13)
時間 12:00~14:00(金)
受講料 15,000円(5回)
使用教室 西ホール
定員数 10名

講座内容

 A・Bクラスは同一内容です。
 この講座は、「名曲を歌いませんか?」を1年間受講した方、または専門教育を受けた方が対象です。
 バロックのオペラ、オラトリオからはじめます。
 歌うテクニックの向上と表現の豊かさを目指します。
 この講座は1年で完結、後期で解散となり、再度前期に募集を行います。但し、欠員が出れば後期も募集を行います。

●テキスト:
プリントを用いる。

芸 術

「名曲を歌いませんか? 発展コース Bクラス」

定員に達しましたので
申込み受付は、終了いたしました。

■講師:大森 地塩(おおもりちしお)
武庫川女子大学 准教授

開講日 4/27、5/18、6/1・15・29(予備日 7/6・13)
時間 12:00~14:00(金)
受講料 15,000円(5回)
使用教室 西ホール
定員数 5名

講座内容

 A・Bクラスは同一内容です。
 この講座は、「名曲を歌いませんか?」を1年間受講した方、または専門教育を受けた方が対象です。
 バロックのオペラ、オラトリオからはじめます。
 歌うテクニックの向上と表現の豊かさを目指します。
 この講座は1年で完結、後期で解散となり、再度前期に募集を行います。但し、欠員が出れば後期も募集を行います。

●テキスト:
プリントを用いる。

芸 術

「花いちりん描く」

■講師:立岡 佐智央(たつおかさちお)
画 家

開講日 4/20・27、5/11・18・25、6/1・8・15・29、7/6(予備日 7/13)
時間 14:00~16:00(金)
受講料 15,000円(10回)
使用教室 演習室2
定員数 20名

講座内容

 たった一輪の花にもこころを込めて~がポリシー。四季折々の身近な草花を鉛筆と水彩鉛筆を使ってポストカード紙に描きます。一回毎に一点制作。
 お花の好きな方なら、全くの初心者も楽しく取りくめ、すぐ描けるように指導します。花のはがき絵を、親しい方に送ると心楽しいものです。

●画 材 等:
水彩色鉛筆(草花絵画専用)16色セット使用。画材の詳細は別途画材資料送付。画材セット一式購入希望者は、事前に要申込み。手持ちの画材があれば初回にご持参ください。
●モチーフ:
開花ポット苗(鉢)を使います。(受講後、持ち帰り)1回400円、前期は4,000円です。このモチーフ代は出欠にかかわらず徴収します。ご理解ください。
〔初回に必要なもの〕 鉛筆HB1本・カッターナイフ・筆洗(プリンカップ2ケでも可)・筆拭き布

芸 術

「花を描く ~水彩を楽しむ~」

定員に達しましたので
申込み受付は、終了いたしました。

■講師:古野 恵美子(ふるのえみこ)
洋画家

開講日 4/24、5/8・15・22・29、6/5・12・19・26、7/3(予備日 7/17)
時間 10:00~12:00(火)
受講料 15,000円(10回)
使用教室 演習室3
定員数 20名

講座内容

 やさしく可憐な表情、生き生きとした花の魅力を紙の白さを生かした水彩で表現します。
 はじめは鉛筆で、画面のバランスを考えながら花全体を大きくとらえ、さらに細部をじっくり観察してデッサンします。鉛筆の表現を生かしながら、透明水彩絵の具を使って花の色や表情、光を表現してみましょう。
 1回で1枚仕上げる形で10枚の作品を描き上げます。鉛筆と絵の具、スケッチブックがあれば、どなたでも気軽に始められます。楽しく花を描いてみましょう。

●画 材 等:
各自でご用意ください。別途画材資料をお送りします。また、受講料とは別に、モチーフ代(2,600円)が必要です。なおこのモチーフ代は、出欠にかかわらず徴収いたします。ご理解下さい。

芸 術

「水彩画を楽しむ ~野外制作を含めて~ Aクラス」

■講師:川邉 嘉章(かわべよしあき)
洋画家

開講日 4/23、5/7・14・21・28、6/4・11・18・25、7/2(予備日 7/9・23)
時間 10:00~12:00(月)
受講料 15,000円(10回)
使用教室 演習室3および屋外(野外制作の場合)
定員数 20名

講座内容

 A・Bクラスは同一内容です。
 水彩絵具は、粉末状の顔料をアラビアゴムなどの水溶性の固着剤(展色剤とも言う)と混ぜて、すり合わせた(練った)ものです。透明水彩絵具と不透明水彩絵具(グワッシュ)があります。この講座では主に透明水彩絵具を使います。さわやかな季節には野外に出て風景を描きに行くこともあります。日の光を受けた木々や道、影と木漏れ日の美しさをあらためて発見するでしょう。暑い季節や寒い季節には教室で人物や静物を制作しましょう。
4/23:静物、5/7:裸婦①、5/14:裸婦②、5/21:風景、5/28:風景、6/4:静物 6/11:着衣人物①、6/18:着衣人物②、6/25:着衣人物①、7/2:着衣人物②

●画 材 等:
各自で用意。別途画材資料をお送りします。また、静物の題材、モデル料が必要です。なお、このモチーフ代は出欠にかかわらず、徴収いたします。ご理解ください。
●:
ご欠席された場合、A⇌Bクラスへの振り替えが可能です。ご希望の方は、必ず事前に事務室へご相談ください。なお、振り替えの際、お車でお越しいただけない場合もございます。あわせてご相談ください。

芸 術

「水彩画を楽しむ ~野外制作を含めて~ Bクラス」

■講師:川邉 嘉章(かわべよしあき)
洋画家

開講日 4/23、5/7・14・21・28、6/4・11・18・25、7/2(予備日 7/9・23)
時間 14:00~16:00(月)
受講料 15,000円(10回)
使用教室 演習室3および屋外(野外制作の場合)
定員数 20名

講座内容

 A・Bクラスは同一内容です。
 水彩絵具は、粉末状の顔料をアラビアゴムなどの水溶性の固着剤(展色剤とも言う)と混ぜて、すり合わせた(練った)ものです。透明水彩絵具と不透明水彩絵具(グワッシュ)があります。この講座では主に透明水彩絵具を使います。さわやかな季節には野外に出て風景を描きに行くこともあります。日の光を受けた木々や道、影と木漏れ日の美しさをあらためて発見するでしょう。暑い季節や寒い季節には教室で人物や静物を制作しましょう。
4/23:静物、5/7:裸婦①、5/14:裸婦②、5/21:風景、5/28:風景、6/4:静物 6/11:着衣人物①、6/18:着衣人物②、6/25:着衣人物①、7/2:着衣人物②

●画 材 等:
各自で用意。別途画材資料をお送りします。また、静物の題材、モデル料が必要です。なお、このモチーフ代は出欠にかかわらず、徴収いたします。ご理解ください。
●:
ご欠席された場合、A⇌Bクラスへの振り替えが可能です。ご希望の方は、必ず事前に事務室へご相談ください。なお、振り替えの際、お車でお越しいただけない場合もございます。あわせてご相談ください。

芸 術

「グワッシュで描く水彩画」

■講師:川邉 嘉章(かわべよしあき)
洋画家

開講日 4/25、5/2・9・16・23・30、6/6・13・27、7/4(予備日 7/11・18)
時間 14:00~16:00(水)
受講料 15,000円(10回)
使用教室 演習室2および屋外(野外制作の場合)
定員数 20名

講座内容

 水彩絵具は、粉末状の顔料をアラビアゴムなどの水溶性の固着剤(展色剤とも言う)と混ぜて、すり合わせた(練った)ものです。透明水彩絵具とそれよりも顔料の含有率が高い不透明水彩絵具(グワッシュ)があります。この講座ではグワッシュを用いて制作します。この絵具は発色がよく、透明水彩のように使うことも、下に塗った色を被覆し油絵のように塗り重ねることも可能です。人物、風景、静物をモチーフとします。
4/25:静物、5/2:裸婦①、5/9:裸婦②、5/16:裸婦③、5/23:風景野外、5/30 :風景野外予備日、6/6:自由制作、6/13:着衣人物①、6/27:着衣人物②、7/4:自由制作

●画 材 等:
各自で用意。別途画材資料をお送りします。また、静物の題材、モデル料が必要です。なお、このモチーフ代は出欠にかかわらず、徴収いたします。ご理解ください。モデル代として 5,000~6,000円 徴収の予定です。