生活文化

「きものがたり〜近現代のきものを語る〜」

NEW

■講師:横川 公子(よこかわきみこ)
武庫川女子大学名誉教授

開講日 10/18・25、11/1・8・15・22・29、12/6・13、1/31、2/7・14(予備日 2/21・28)
時間 10:40~12:00(水)
受講料 18,000円(12回)
使用教室 演習室2
定員数 20名

講座内容

 近現代のきものがファッションとして大衆に普及したのは、明治時代の技術革命によって量産が可能になってからです。それ以前のファッションは、公家や武家、都市の経済力のある商人などの限られた人たちのものでした。近代になって、織物や染色の技術が高まり、外国の文化もどんどん入ってきて、多種多様な色や模様のきものが手軽に手に入り、ファッションを楽しめる時代になりました。
 現代のきものは洋装の中にありますが、長い歴史と文化の背景があり、日本人の生活の基底に深くなじんだものです。近現代のきものに焦点を当てながら、きものが語る生活文化の真髄を読み解きたいと思います。
 ①バリアフリーのきもの ②きものと貫頭衣 ③花鳥風月の文様 ④文字文様 ⑤紫への憧憬 ⑥辻が花 ⑦お召と布木綿
 ⑧型友禅による革命 ⑨着衣によせる心 ⑩夢二式と華宵美人 ⑪きもののエコロジー ⑫共感のちから 無名のちから