人間学

「ささえあいの心理学―生きる力としての解離」

■講師:星加 博之(ほしかひろゆき)
関西大学大学院 非常勤講師
臨床心理士・公認心理師

開講日 10/5・12・26、11/2・9・30、12/14、1/11・18、2/8(予備日 12/7、2/22)
時間 14:50~16:10(火)
受講料 16,000円(10回)
使用教室 レクチャールーム
定員数 20名

講座内容

 悲惨な出来事を目の当たりにすると、自分が自分でなくなったり、現実の間に膜が生まれたり、記憶を失う方がいます。あなたは、家族と居るとき、働いているとき、一人で過ごすとき…幾つかの顔を持っているのではないでしょうか。
 また、想像上の生き物や人(imagery companion)とかかわりを持つ幼い子がいます。人は心のバランスをとるために多様な解離を使い分けます。今回は、人が持つ能力としての解離の不思議に迫ります。

●テキスト:
プリントを用いる。